万葉集568番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集568番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集568番について

歌番号

568番

原文

三埼廻之|荒礒尓縁|五百重浪|立毛居毛|我念流吉美

訓読

み崎廻の荒磯に寄する五百重波立ちても居ても我が思へる君

かな読み

みさきみの|ありそによする|いほへなみ|たちてもゐても|あがもへるきみ

カタカナ読み

ミサキミノ|アリソニヨスル|イホヘナミ|タチテモヰテモ|アガモヘルキミ

ローマ字読み|大文字

MISAKIMINO|ARISONIYOSURU|IHOHENAMI|TACHITEMOITEMO|AGAMOHERUKIMI

ローマ字読み|小文字

misakimino|arisoniyosuru|ihohenami|tachitemoitemo|agamoherukimi

左注|左註

右一首筑前掾門部連石足

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴旅人|餞宴|送別|恋情|序詞|福岡|地名

校異

太->大【桂】【元】【類】【紀】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

みさきみの,[寛]みさきわの,
ありそによする,[寛]あらいそによする,
いほへなみ[寛],
たちてもゐても[寛],
あがもへるきみ,[寛]わかおもへるきみ,

巻数

第4巻

作者

門部石足

タイトルとURLをコピーしました