万葉集758番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集758番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集758番について

歌番号

758番

原文

白雲之|多奈引山之|高々二|吾念妹乎|将見因毛我母

訓読

白雲のたなびく山の高々に我が思ふ妹を見むよしもがも

かな読み

しらくもの|たなびくやまの|たかだかに|あがおもふいもを|みむよしもがも

カタカナ読み

シラクモノ|タナビクヤマノ|タカダカニ|アガオモフイモヲ|ミムヨシモガモ

ローマ字読み|大文字

SHIRAKUMONO|TANABIKUYAMANO|TAKADAKANI|AGAOMOFUIMO|MIMUYOSHIMOGAMO

ローマ字読み|小文字

shirakumono|tanabikuyamano|takadakani|agaomofuimo|mimuyoshimogamo

左注|左註

右田村大嬢坂上大嬢並是右大辨大伴宿奈麻呂卿之女也|卿居田村里号曰田村大嬢|但妹坂上<大>嬢者母居坂上里|仍曰坂上大嬢|于時姉妹諮問以歌贈答

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|贈答

校異

特に無し

寛永版本

しらくもの[寛],
たなびくやまの,[寛]たなひくやまの,
たかだかに,[寛]たかたかに,
あがおもふいもを,[寛]わかおもふいもを,
みむよしもがも,[寛]みむよしもかも,

巻数

第4巻

作者

大伴田村大嬢

タイトルとURLをコピーしました