万葉集516番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集516番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集516番について

歌番号

516番

原文

吾以在|三相二搓流|絲用而|附手益物|今曽悔寸

訓読

我が持てる三相に搓れる糸もちて付けてましもの今ぞ悔しき

かな読み

わがもてる|みつあひによれる|いともちて|つけてましもの|いまぞくやしき

カタカナ読み

ワガモテル|ミツアヒニヨレル|イトモチテ|ツケテマシモノ|イマゾクヤシキ

ローマ字読み|大文字

WAGAMOTERU|MITSUAHINIYORERU|ITOMOCHITE|TSUKETEMASHIMONO|IMAZOKUYASHIKI

ローマ字読み|小文字

wagamoteru|mitsuahiniyoreru|itomochite|tsuketemashimono|imazokuyashiki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|中臣東人|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

わがもてる,[寛]わかもてる,
みつあひによれる[寛],
いともちて[寛],
つけてましもの,[寛]つけてましものを,
いまぞくやしき,[寛]いまそくやしき,

巻数

第4巻

作者

阿倍女郎

タイトルとURLをコピーしました