万葉集709番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集709番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集709番について

歌番号

709番

原文

夕闇者|路多豆<多>頭四|待月而|行吾背子|其間尓母将見

訓読

夕闇は道たづたづし月待ちて行ませ我が背子その間にも見む

かな読み

ゆふやみは|みちたづたづし|つきまちて|いませわがせこ|そのまにもみむ

カタカナ読み

ユフヤミハ|ミチタヅタヅシ|ツキマチテ|イマセワガセコ|ソノマニモミム

ローマ字読み|大文字

YUFUYAMIHA|MICHITAZUTAZUSHI|TSUKIMACHITE|IMASEWAGASEKO|SONOMANIMOMIMU

ローマ字読み|小文字

yufuyamiha|michitazutazushi|tsukimachite|imasewagaseko|sonomanimomimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|後朝

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->多【西(右書)】【元】【紀】【温】

寛永版本

ゆふやみは[寛],
みちたづたづし,[寛]みちたつたつし,
つきまちて[寛],
いませわがせこ,[寛]ゆかむわかせこ,
そのまにもみむ[寛],

巻数

第4巻

作者

豊前國娘子大宅女

タイトルとURLをコピーしました