万葉集637番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集637番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集637番について

歌番号

637番

原文

吾背子之|形見之衣|嬬問尓|<余>身者不離|事不問友

訓読

我が背子が形見の衣妻どひに我が身は離けじ言とはずとも

かな読み

わがせこが|かたみのころも|つまどひに|あがみはさけじ|こととはずとも

カタカナ読み

ワガセコガ|カタミノコロモ|ツマドヒニ|アガミハサケジ|コトトハズトモ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|KATAMINOKOROMO|TSUMADOHINI|AGAMIHASAKEJI|KOTOTOHAZUTOMO

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|kataminokoromo|tsumadohini|agamihasakeji|kototohazutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|湯原王|形見|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->余【西(右書)】【元】【金】【紀】

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
かたみのころも[寛],
つまどひに,[寛]つまとひに,
あがみはさけじ,[寛]わかみはさけし,
こととはずとも,[寛]こととはすとも,

巻数

第4巻

作者

娘子

タイトルとURLをコピーしました