万葉集652番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集652番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集652番について

歌番号

652番

原文

玉主尓|珠者授而|勝且毛|枕与吾者|率二将宿

訓読

玉守に玉は授けてかつがつも枕と我れはいざふたり寝む

かな読み

たまもりに|たまはさづけて|かつがつも|まくらとわれは|いざふたりねむ

カタカナ読み

タマモリニ|タマハサヅケテ|カツガツモ|マクラトワレハ|イザフタリネム

ローマ字読み|大文字

TAMAMORINI|TAMAHASAZUKETE|KATSUGATSUMO|MAKURATOWAREHA|IZAFUTARINEMU

ローマ字読み|小文字

tamamorini|tamahasazukete|katsugatsumo|makuratowareha|izafutarinemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|比喩|諦念

校異

特に無し

寛永版本

たまもりに[寛],
たまはさづけて,[寛]たまはさつけて,
かつがつも,[寛]かつかつも,
まくらとわれは[寛],
いざふたりねむ,[寛]いさふたりねむ,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました