万葉集776番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集776番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集776番について

歌番号

776番

原文

事出之者|誰言尓有鹿|小山田之|苗代水乃|中与杼尓四手

訓読

言出しは誰が言にあるか小山田の苗代水の中淀にして

かな読み

ことでしは|たがことにあるか|をやまだの|なはしろみづの|なかよどにして

カタカナ読み

コトデシハ|タガコトニアルカ|ヲヤマダノ|ナハシロミヅノ|ナカヨドニシテ

ローマ字読み|大文字

KOTODESHIHA|TAGAKOTONIARUKA|OYAMADANO|NAHASHIROMIZUNO|NAKAYODONISHITE

ローマ字読み|小文字

kotodeshiha|tagakotoniaruka|oyamadano|nahashiromizuno|nakayodonishite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ことでしは,[寛]ことてしは,
たがことにあるか,[寛]たかことにあるか,
をやまだの,[寛]をやまたの,
なはしろみづの,[寛]なはしろみつの,
なかよどにして,[寛]なかよとにして,

巻数

第4巻

作者

紀女郎

タイトルとURLをコピーしました