万葉集747番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集747番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集747番について

歌番号

747番

原文

吾妹兒之|形見乃服|下著而|直相左右者|吾将脱八方

訓読

我妹子が形見の衣下に着て直に逢ふまでは我れ脱かめやも

かな読み

わぎもこが|かたみのころも|したにきて|ただにあふまでは|われぬかめやも

カタカナ読み

ワギモコガ|カタミノコロモ|シタニキテ|タダニアフマデハ|ワレヌカメヤモ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOGA|KATAMINOKOROMO|SHITANIKITE|TADANIAFUMADEHA|WARENUKAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

wagimokoga|kataminokoromo|shitanikite|tadaniafumadeha|warenukameyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|贈答

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこが,[寛]わきもこか,
かたみのころも[寛],
したにきて[寛],
ただにあふまでは,[寛]たたにあふまては,
われぬかめやも[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました