万葉集485番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集485番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集485番について

歌番号

485番

原文

神代従|生継来者|人多|國尓波満而|味村乃|去来者行跡|吾戀流|君尓之不有者|晝波|日乃久流留麻弖|夜者|夜之明流寸食|念乍|寐宿難尓登|阿可思通良久茂|長此夜乎

訓読

神代より|生れ継ぎ来れば|人さはに|国には満ちて|あぢ群の|通ひは行けど|我が恋ふる|君にしあらねば|昼は|日の暮るるまで|夜は|夜の明くる極み|思ひつつ|寐も寝かてにと|明かしつらくも|長きこの夜を

かな読み

かむよより|あれつぎくれば|ひとさはに|くににはみちて|あぢむらの|かよひはゆけど|あがこふる|きみにしあらねば|ひるは|ひのくるるまで|よるは|よのあくるきはみ|おもひつつ|いもねかてにと|あかしつらくも|ながきこのよを

カタカナ読み

カムヨヨリ|アレツギクレバ|ヒトサハニ|クニニハミチテ|アヂムラノ|カヨヒハユケド|アガコフル|キミニシアラネバ|ヒルハ|ヒノクルルマデ|ヨルハ|ヨノアクルキハミ|オモヒツツ|イモネカテニト|アカシツラクモ|ナガキコノヨヲ

ローマ字読み|大文字

KAMUYOYORI|ARETSUGIKUREBA|HITOSAHANI|KUNINIHAMICHITE|AJIMURANO|KAYOHIHAYUKEDO|AGAKOFURU|KIMINISHIARANEBA|HIRUHA|HINOKURURUMADE|YORUHA|YONOAKURUKIHAMI|OMOHITSUTSU|IMONEKATENITO|AKASHITSURAKUMO|NAGAKIKONOYO

ローマ字読み|小文字

kamuyoyori|aretsugikureba|hitosahani|kuninihamichite|ajimurano|kayohihayukedo|agakofuru|kiminishiaraneba|hiruha|hinokururumade|yoruha|yonoakurukihami|omohitsutsu|imonekatenito|akashitsurakumo|nagakikonoyo

左注|左註

右今案|高市<崗>本宮後<崗>本宮二代二帝各有異焉|但称<崗>本天皇未審其指

事項|分類・ジャンル

相聞|皇極|恋情|女歌|挽歌発想|枕詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|岳->崗【元】【古】【紀】

寛永版本

かむよより,[寛]かみよより,
あれつぎくれば,[寛]あれつきくれは,
ひとさはに[寛],
くににはみちて[寛],
あぢむらの,[寛]あちむらの,
かよひはゆけど,[寛]いさとはゆけと,
あがこふる,[寛]わかこふる,
きみにしあらねば[寛],
ひるは[寛],
ひのくるるまで,[寛]ひのくるるまて,
よるは[寛],
よのあくるきはみ[寛],
おもひつつ[寛],
いもねかてにと[寛],
あかしつらくも[寛],
ながきこのよを,[寛]なかきこのよを,

巻数

第4巻

作者

舒明

タイトルとURLをコピーしました