万葉集531番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集531番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集531番について

歌番号

531番

原文

梓弓|爪引夜音之|遠音尓毛|君之御幸乎|聞之好毛

訓読

梓弓爪引く夜音の遠音にも君が御幸を聞かくしよしも

かな読み

あづさゆみ|つまびくよおとの|とほとにも|きみがみゆきを|きかくしよしも

カタカナ読み

アヅサユミ|ツマビクヨオトノ|トホトニモ|キミガミユキヲ|キカクシヨシモ

ローマ字読み|大文字

AZUSAYUMI|TSUMABIKUYOTONO|TOHOTONIMO|KIMIGAMIYUKIO|KIKAKUSHIYOSHIMO

ローマ字読み|小文字

azusayumi|tsumabikuyotono|tohotonimo|kimigamiyukio|kikakushiyoshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|海上女王|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|女王->王【桂】【元】【古】【紀】

寛永版本

あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,
つまびくよおとの,[寛]つまひくよとの,
とほとにも[寛],
きみがみゆきを,[寛]きみかみゆきを,
きかくしよしも,[寛]きくはしよしも,

巻数

第4巻

作者

聖武天皇

タイトルとURLをコピーしました