万葉集610番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集610番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集610番について

歌番号

610番

原文

近有者|雖不見在乎|弥遠|君之伊座者|有不勝<自>

訓読

近くあれば見ねどもあるをいや遠く君がいまさば有りかつましじ

かな読み

ちかくあれば|みねどもあるを|いやとほく|きみがいまさば|ありかつましじ

カタカナ読み

チカクアレバ|ミネドモアルヲ|イヤトホク|キミガイマサバ|アリカツマシジ

ローマ字読み|大文字

CHIKAKUAREBA|MINEDOMOARUO|IYATOHOKU|KIMIGAIMASABA|ARIKATSUMASHIJI

ローマ字読み|小文字

chikakuareba|minedomoaruo|iyatohoku|kimigaimasaba|arikatsumashiji

左注|左註

右二首相別後更来贈

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|贈答

校異

目->自【西(訂正)】【元】【紀】

寛永版本

ちかくあれば,[寛]ちかくあれは,
みねどもあるを,[寛]みねともあるを,
いやとほく,[寛]いやとほに,
きみがいまさば,[寛]きみかいまれなは,
ありかつましじ,[寛]ありてもたへし,

巻数

第4巻

作者

笠女郎

タイトルとURLをコピーしました