万葉集778番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集778番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集778番について

歌番号

778番

原文

打妙尓|前垣乃酢堅|欲見|将行常云哉|君乎見尓許曽

訓読

うつたへに籬の姿見まく欲り行かむと言へや君を見にこそ

かな読み

うつたへに|まがきのすがた|みまくほり|ゆかむといへや|きみをみにこそ

カタカナ読み

ウツタヘニ|マガキノスガタ|ミマクホリ|ユカムトイヘヤ|キミヲミニコソ

ローマ字読み|大文字

UTSUTAHENI|MAGAKINOSUGATA|MIMAKUHORI|YUKAMUTOIHEYA|KIMIOMINIKOSO

ローマ字読み|小文字

utsutaheni|magakinosugata|mimakuhori|yukamutoiheya|kimiominikoso

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|紀女郎|恋情

校異

特に無し

寛永版本

うつたへに[寛],
まがきのすがた,[寛]まかきのすかた,
みまくほり[寛],
ゆかむといへや[寛],
きみをみにこそ[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました