万葉集562番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集562番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集562番について

歌番号

562番

原文

無暇|人之眉根乎|徒|令掻乍|不相妹可聞

訓読

暇なく人の眉根をいたづらに掻かしめつつも逢はぬ妹かも

かな読み

いとまなく|ひとのまよねを|いたづらに|かかしめつつも|あはぬいもかも

カタカナ読み

イトマナク|ヒトノマヨネヲ|イタヅラニ|カカシメツツモ|アハヌイモカモ

ローマ字読み|大文字

ITOMANAKU|HITONOMAYONEO|ITAZURANI|KAKASHIMETSUTSUMO|AHANUIMOKAMO

ローマ字読み|小文字

itomanaku|hitonomayoneo|itazurani|kakashimetsutsumo|ahanuimokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|怨恨|恋情

校異

特に無し

寛永版本

いとまなく,[寛]いとまなき,
ひとのまよねを,[寛]ひとのまゆねを,
いたづらに,[寛]いたつらに,
かかしめつつも[寛],
あはぬいもかも[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴百代

タイトルとURLをコピーしました