万葉集557番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集557番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集557番について

歌番号

557番

原文

大船乎|榜乃進尓|磐尓觸|覆者覆|妹尓因而者

訓読

大船を漕ぎの進みに岩に触れ覆らば覆れ妹によりては

かな読み

おほぶねを|こぎのすすみに|いはにふれ|かへらばかへれ|いもによりては

カタカナ読み

オホブネヲ|コギノススミニ|イハニフレ|カヘラバカヘレ|イモニヨリテハ

ローマ字読み|大文字

OHOBUNEO|KOGINOSUSUMINI|IHANIFURE|KAHERABAKAHERE|IMONIYORITEHA

ローマ字読み|小文字

ohobuneo|koginosusumini|ihanifure|kaherabakahere|imoniyoriteha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|羈旅|送別|餞別|太宰府|福岡

校異

通->道【桂】【元】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

おほぶねを,[寛]おほふねを,
こぎのすすみに,[寛]こきのすすみに,
いはにふれ[寛],
かへらばかへれ,[寛]かへらはかへれ,
いもによりては[寛],

巻数

第4巻

作者

土師水道

タイトルとURLをコピーしました