万葉集677番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集677番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集677番について

歌番号

677番

原文

春日山|朝居雲乃|欝|不知人尓毛|戀物香聞

訓読

春日山朝居る雲のおほほしく知らぬ人にも恋ふるものかも

かな読み

かすがやま|あさゐるくもの|おほほしく|しらぬひとにも|こふるものかも

カタカナ読み

カスガヤマ|アサヰルクモノ|オホホシク|シラヌヒトニモ|コフルモノカモ

ローマ字読み|大文字

KASUGAYAMA|ASAIRUKUMONO|OHOHOSHIKU|SHIRANUHITONIMO|KOFURUMONOKAMO

ローマ字読み|小文字

kasugayama|asairukumono|ohohoshiku|shiranuhitonimo|kofurumonokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恨牫|奈良|地名|序詞|贈答

校異

特に無し

寛永版本

かすがやま,[寛]かすかやま,
あさゐるくもの[寛],
おほほしく[寛],
しらぬひとにも[寛],
こふるものかも[寛],

巻数

第4巻

作者

中臣女郎

タイトルとURLをコピーしました