万葉集766番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集766番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集766番について

歌番号

766番

原文

路遠|不来常波知有|物可良尓|然曽将待|君之目乎保利

訓読

道遠み来じとは知れるものからにしかぞ待つらむ君が目を欲り

かな読み

みちとほみ|こじとはしれる|ものからに|しかぞまつらむ|きみがめをほり

カタカナ読み

ミチトホミ|コジトハシレル|モノカラニ|シカゾマツラム|キミガメヲホリ

ローマ字読み|大文字

MICHITOHOMI|KOJITOHASHIRERU|MONOKARANI|SHIKAZOMATSURAMU|KIMIGAMEOHORI

ローマ字読み|小文字

michitohomi|kojitohashireru|monokarani|shikazomatsuramu|kimigameohori

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|坂上大嬢|久邇京

校異

特に無し

寛永版本

みちとほみ,[寛]みちともみ,
こじとはしれる,[寛]こしとはしれる,
ものからに[寛],
しかぞまつらむ,[寛]しかそまつらむ,
きみがめをほり,[寛]きみかめをほり,

巻数

第4巻

作者

藤原郎女

タイトルとURLをコピーしました