万葉集685番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集685番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集685番について

歌番号

685番

原文

人事|繁哉君<之>|二鞘之|家乎隔而|戀乍将座

訓読

人言を繁みか君が二鞘の家を隔てて恋ひつつまさむ

かな読み

ひとごとを|しげみかきみが|ふたさやの|いへをへだてて|こひつつまさむ

カタカナ読み

ヒトゴトヲ|シゲミカキミガ|フタサヤノ|イヘヲヘダテテ|コヒツツマサム

ローマ字読み|大文字

HITOGOTO|SHIGEMIKAKIMIGA|FUTASAYANO|IHEOHEDATETE|KOHITSUTSUMASAMU

ローマ字読み|小文字

hitogoto|shigemikakimiga|futasayano|iheohedatete|kohitsutsumasamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|尫柜蹋|恋情

校異

乎->之【元】

寛永版本

ひとごとを,[寛]ひとことを,
しげみかきみが,[寛]しけみやきみを,
ふたさやの[寛],
いへをへだてて,[寛]いへをへたてて,
こひつつまさむ,[寛]こひつつをらむ,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました