万葉集693番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集693番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集693番について

歌番号

693番

原文

如此耳|戀哉将度|秋津野尓|多奈引雲能|過跡者無二

訓読

かくのみし恋ひやわたらむ秋津野にたなびく雲の過ぐとはなしに

かな読み

かくのみし|こひやわたらむ|あきづのに|たなびくくもの|すぐとはなしに

カタカナ読み

カクノミシ|コヒヤワタラム|アキヅノニ|タナビククモノ|スグトハナシニ

ローマ字読み|大文字

KAKUNOMISHI|KOHIYAWATARAMU|AKIZUNONI|TANABIKUKUMONO|SUGUTOHANASHINI

ローマ字読み|小文字

kakunomishi|kohiyawataramu|akizunoni|tanabikukumono|sugutohanashini

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|和歌山|吉野|地名|序詞|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

かくのみし,[寛]かくしのみ,
こひやわたらむ[寛],
あきづのに,[寛]あきつのに,
たなびくくもの,[寛]たなひくくもの,
すぐとはなしに,[寛]すくとはなしに,

巻数

第4巻

作者

大伴千室

タイトルとURLをコピーしました