万葉集716番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集716番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集716番について

歌番号

716番

原文

夜晝|云別不知|吾戀|情盖|夢所見寸八

訓読

夜昼といふ別き知らず我が恋ふる心はけだし夢に見えきや

かな読み

よるひると|いふわきしらず|あがこふる|こころはけだし|いめにみえきや

カタカナ読み

ヨルヒルト|イフワキシラズ|アガコフル|ココロハケダシ|イメニミエキヤ

ローマ字読み|大文字

YORUHIRUTO|IFUWAKISHIRAZU|AGAKOFURU|KOKOROHAKEDASHI|IMENIMIEKIYA

ローマ字読み|小文字

yoruhiruto|ifuwakishirazu|agakofuru|kokorohakedashi|imenimiekiya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|恋情|夢|恋情|贈答

校異

特に無し

寛永版本

よるひると[寛],
いふわきしらず,[寛]いふわきしらす,
あがこふる,[寛]わかこふる,
こころはけだし,[寛]こころはけたし,
いめにみえきや,[寛]ゆめにみえきや,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました