万葉集711番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集711番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集711番について

歌番号

711番

原文

鴨鳥之|遊此池尓|木葉落而|浮心|吾不念國

訓読

鴨鳥の遊ぶこの池に木の葉落ちて浮きたる心我が思はなくに

かな読み

かもどりの|あそぶこのいけに|このはおちて|うきたるこころ|わがおもはなくに

カタカナ読み

カモドリノ|アソブコノイケニ|コノハオチテ|ウキタルココロ|ワガオモハナクニ

ローマ字読み|大文字

KAMODORINO|ASOBUKONOIKENI|KONOHAOCHITE|UKITARUKOKORO|WAGAOMOHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

kamodorino|asobukonoikeni|konohaochite|ukitarukokoro|wagaomohanakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|動物|恋情|序詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

かもどりの,[寛]かもとりの,
あそぶこのいけに,[寛]あそふこのいけに,
このはおちて[寛],
うきたるこころ,[寛]うかへるこころ,
わがおもはなくに,[寛]わかおもはなくに,

巻数

第4巻

作者

丹波大女娘子

タイトルとURLをコピーしました