万葉集565番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集565番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集565番について

歌番号

565番

原文

大伴乃|見津跡者不云|赤根指|照有月夜尓|直相在登聞

訓読

大伴の見つとは言はじあかねさし照れる月夜に直に逢へりとも

かな読み

おほともの|みつとはいはじ|あかねさし|てれるつくよに|ただにあへりとも

カタカナ読み

オホトモノ|ミツトハイハジ|アカネサシ|テレルツクヨニ|タダニアヘリトモ

ローマ字読み|大文字

OHOTOMONO|MITSUTOHAIHAJI|AKANESASHI|TERERUTSUKUYONI|TADANIAHERITOMO

ローマ字読み|小文字

ohotomono|mitsutohaihaji|akanesashi|tererutsukuyoni|tadaniaheritomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|尫柜蹋|枕詞|掛詞|地名|大阪|恋愛

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

おほともの[寛],
みつとはいはじ,[寛]みつとはいはし,
あかねさし[寛],
てれるつくよに,[寛]てれるつきよに,
ただにあへりとも,[寛]たたにあへりとも,

巻数

第4巻

作者

賀茂女王

タイトルとURLをコピーしました