万葉集547番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集547番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集547番について

歌番号

547番

原文

天雲之|外従見|吾妹兒尓|心毛身副|縁西鬼尾

訓読

天雲の外に見しより我妹子に心も身さへ寄りにしものを

かな読み

あまくもの|よそにみしより|わぎもこに|こころもみさへ|よりにしものを

カタカナ読み

アマクモノ|ヨソニミシヨリ|ワギモコニ|ココロモミサヘ|ヨリニシモノヲ

ローマ字読み|大文字

AMAKUMONO|YOSONIMISHIYORI|WAGIMOKONI|KOKOROMOMISAHE|YORINISHIMONO

ローマ字読み|小文字

amakumono|yosonimishiyori|wagimokoni|kokoromomisahe|yorinishimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|行幸|久邇京|京都|枕詞|地名|神亀2年3月

校異

歌【西】謌

寛永版本

あまくもの[寛],
よそにみしより[寛],
わぎもこに,[寛]わきもこに,
こころもみさへ[寛],
よりにしものを[寛],

巻数

第4巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました