万葉集597番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集597番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集597番について

歌番号

597番

原文

宇都蝉之|人目乎繁見|石走|間近<君>尓|戀度可聞

訓読

うつせみの人目を繁み石橋の間近き君に恋ひわたるかも

かな読み

うつせみの|ひとめをしげみ|いしはしの|まちかききみに|こひわたるかも

カタカナ読み

ウツセミノ|ヒトメヲシゲミ|イシハシノ|マチカキキミニ|コヒワタルカモ

ローマ字読み|大文字

UTSUSEMINO|HITOMEOSHIGEMI|ISHIHASHINO|MACHIKAKIKIMINI|KOHIWATARUKAMO

ローマ字読み|小文字

utsusemino|hitomeoshigemi|ishihashino|machikakikimini|kohiwatarukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|枕詞|贈答

校異

->君【西(左書)】【元】【紀】

寛永版本

うつせみの[寛],
ひとめをしげみ,[寛]ひとめをしけみ,
いしはしの[寛],
まちかききみに[寛],
こひわたるかも[寛],

巻数

第4巻

作者

笠女郎

タイトルとURLをコピーしました