万葉集494番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集494番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集494番について

歌番号

494番

原文

吾妹兒乎|相令知|人乎許曽|戀之益者|恨三念

訓読

我妹子を相知らしめし人をこそ恋のまされば恨めしみ思へ

かな読み

わぎもこを|あひしらしめし|ひとをこそ|こひのまされば|うらめしみおもへ

カタカナ読み

ワギモコヲ|アヒシラシメシ|ヒトヲコソ|コヒノマサレバ|ウラメシミオモヘ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKO|AHISHIRASHIMESHI|HITOKOSO|KOHINOMASAREBA|URAMESHIMIOMOHE

ローマ字読み|小文字

wagimoko|ahishirashimeshi|hitokoso|kohinomasareba|urameshimiomohe

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|羈旅|離別|太宰府|任官

校異

乎【元】【紀】【金】(塙)矣

寛永版本

わぎもこを,[寛]わきもこを,
あひしらしめし,[寛]あひしらせけむ,
ひとをこそ[寛],
こひのまされば,[寛]こひのまされは,
うらめしみおもへ,[寛]うらぬれみおもへ,

巻数

第4巻

作者

田部櫟子

タイトルとURLをコピーしました