万葉集662番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集662番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集662番について

歌番号

662番

原文

網兒之山|五百重隠有|佐堤乃埼|左手蝿師子之|夢二四所見

訓読

網児の山五百重隠せる佐堤の崎さで延へし子が夢にし見ゆる

かな読み

あごのやま|いほへかくせる|さでのさき|さではへしこが|いめにしみゆる

カタカナ読み

アゴノヤマ|イホヘカクセル|サデノサキ|サデハヘシコガ|イメニシミユル

ローマ字読み|大文字

AGONOYAMA|IHOHEKAKUSERU|SADENOSAKI|SADEHAHESHIKOGA|IMENISHIMIYURU

ローマ字読み|小文字

agonoyama|ihohekakuseru|sadenosaki|sadehaheshikoga|imenishimiyuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|地名|三重県|夢

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あごのやま,[寛]あこのやま,
いほへかくせる[寛],
さでのさき,[寛]さてのさき,
さではへしこが,[寛]さてはへしこの,
いめにしみゆる,[寛]ゆめにしみゆる,

巻数

第4巻

作者

市原王

タイトルとURLをコピーしました