万葉集788番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集788番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集788番について

歌番号

788番

原文

浦若見|花咲難寸|梅乎殖而|人之事重三|念曽吾為類

訓読

うら若み花咲きかたき梅を植ゑて人の言繁み思ひぞ我がする

かな読み

うらわかみ|はなさきかたき|うめをうゑて|ひとのことしげみ|おもひぞわがする

カタカナ読み

ウラワカミ|ハナサキカタキ|ウメヲウヱテ|ヒトノコトシゲミ|オモヒゾワガスル

ローマ字読み|大文字

URAWAKAMI|HANASAKIKATAKI|UMEOETE|HITONOKOTOSHIGEMI|OMOHIZOWAGASURU

ローマ字読み|小文字

urawakami|hanasakikataki|umeoete|hitonokotoshigemi|omohizowagasuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|藤原久須麻呂|比喩|尫柜蹋|植物|贈答

校異

特に無し

寛永版本

うらわかみ[寛],
はなさきかたき[寛],
うめをうゑて[寛],
ひとのことしげみ,[寛]ひとのことしけみ,
おもひぞわがする,[寛]おもひそわかする,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました