万葉集548番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集548番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集548番について

歌番号

548番

原文

今夜之|早開者|為便乎無三|秋百夜乎|願鶴鴨

訓読

今夜の早く明けなばすべをなみ秋の百夜を願ひつるかも

かな読み

こよひの|はやくあけなば|すべをなみ|あきのももよを|ねがひつるかも

カタカナ読み

コヨヒノ|ハヤクアケナバ|スベヲナミ|アキノモモヨヲ|ネガヒツルカモ

ローマ字読み|大文字

KOYOHINO|HAYAKUAKENABA|SUBEONAMI|AKINOMOMOYO|NEGAHITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

koyohino|hayakuakenaba|subeonami|akinomomoyo|negahitsurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|行幸|久邇京|京都|地名|神亀2年3月

校異

特に無し

寛永版本

こよひの,[寛]このよらの,
はやくあけなば,[寛]はやくあくれは,
すべをなみ,[寛]すへをなみ,
あきのももよを[寛],
ねがひつるかも,[寛]ねかひつるかも,

巻数

第4巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました