万葉集739番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集739番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集739番について

歌番号

739番

原文

後湍山|後毛将相常|念社|可死物乎|至今日<毛>生有

訓読

後瀬山後も逢はむと思へこそ死ぬべきものを今日までも生けれ

かな読み

のちせやま|のちもあはむと|おもへこそ|しぬべきものを|けふまでもいけれ

カタカナ読み

ノチセヤマ|ノチモアハムト|オモヘコソ|シヌベキモノヲ|ケフマデモイケレ

ローマ字読み|大文字

NOCHISEYAMA|NOCHIMOAHAMUTO|OMOHEKOSO|SHINUBEKIMONO|KEFUMADEMOIKERE

ローマ字読み|小文字

nochiseyama|nochimoahamuto|omohekoso|shinubekimono|kefumademoikere

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|和歌|枕詞|福井|地名|歌枕|恋情|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->毛【西(右書)】【桂】【元】【紀】

寛永版本

のちせやま[寛],
のちもあはむと[寛],
おもへこそ,[寛]おもふこそ,
しぬべきものを,[寛]しぬへきものを,
けふまでもいけれ,[寛]けふまてもあれ,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました