万葉集593番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集593番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集593番について

歌番号

593番

原文

君尓戀|痛毛為便無見|楢山之|小松之下尓|立嘆鴨

訓読

君に恋ひいたもすべなみ奈良山の小松が下に立ち嘆くかも

かな読み

きみにこひ|いたもすべなみ|ならやまの|こまつがしたに|たちなげくかも

カタカナ読み

キミニコヒ|イタモスベナミ|ナラヤマノ|コマツガシタニ|タチナゲクカモ

ローマ字読み|大文字

KIMINIKOHI|ITAMOSUBENAMI|NARAYAMANO|KOMATSUGASHITANI|TACHINAGEKUKAMO

ローマ字読み|小文字

kiminikohi|itamosubenami|narayamano|komatsugashitani|tachinagekukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|待攦|奈良|地名|植物|贈答

校異

特に無し

寛永版本

きみにこひ[寛],
いたもすべなみ,[寛]いともすへなみ,
ならやまの[寛],
こまつがしたに,[寛]こまつかしたに,
たちなげくかも,[寛]たちなけくかも,

巻数

第4巻

作者

笠女郎

タイトルとURLをコピーしました