万葉集701番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集701番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集701番について

歌番号

701番

原文

波都波都尓|人乎相見而|何将有|何日二箇|又外二将見

訓読

はつはつに人を相見ていかにあらむいづれの日にかまた外に見む

かな読み

はつはつに|ひとをあひみて|いかにあらむ|いづれのひにか|またよそにみむ

カタカナ読み

ハツハツニ|ヒトヲアヒミテ|イカニアラム|イヅレノヒニカ|マタヨソニミム

ローマ字読み|大文字

HATSUHATSUNI|HITOAHIMITE|IKANIARAMU|IZURENOHINIKA|MATAYOSONIMIMU

ローマ字読み|小文字

hatsuhatsuni|hitoahimite|ikaniaramu|izurenohinika|matayosonimimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

はつはつに[寛],
ひとをあひみて[寛],
いかにあらむ,[寛]いかならむ,
いづれのひにか,[寛]いつれのひにか,
またよそにみむ[寛],

巻数

第4巻

作者

河内百枝娘子

タイトルとURLをコピーしました