万葉集763番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集763番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集763番について

歌番号

763番

原文

玉緒乎|沫緒二搓而|結有者|在手後二毛|不相在目八方

訓読

玉の緒を沫緒に搓りて結べらばありて後にも逢はざらめやも

かな読み

たまのをを|あわをによりて|むすべらば|ありてのちにも|あはざらめやも

カタカナ読み

タマノヲヲ|アワヲニヨリテ|ムスベラバ|アリテノチニモ|アハザラメヤモ

ローマ字読み|大文字

TAMANOO|AWAONIYORITE|MUSUBERABA|ARITENOCHINIMO|AHAZARAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

tamanoo|awaoniyorite|musuberaba|aritenochinimo|ahazarameyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

たまのをを[寛],
あわをによりて,[寛]あはをによりて,
むすべらば,[寛]むすへらは,
ありてのちにも[寛],
あはざらめやも,[寛]あはさらめやも,

巻数

第4巻

作者

紀女郎

タイトルとURLをコピーしました