万葉集533番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集533番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集533番について

歌番号

533番

原文

難波方|塩干之名凝|飽左右二|人之見兒乎|吾四乏毛

訓読

難波潟潮干のなごり飽くまでに人の見る子を我れし羨しも

かな読み

なにはがた|しほひのなごり|あくまでに|ひとのみるこを|われしともしも

カタカナ読み

ナニハガタ|シホヒノナゴリ|アクマデニ|ヒトノミルコヲ|ワレシトモシモ

ローマ字読み|大文字

NANIHAGATA|SHIHOHINONAGORI|AKUMADENI|HITONOMIRUKO|WARESHITOMOSHIMO

ローマ字読み|小文字

nanihagata|shihohinonagori|akumadeni|hitonomiruko|wareshitomoshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大阪|地名|序詞

校異

特に無し

寛永版本

なにはがた,[寛]なにはかた,
しほひのなごり,[寛]しほひのなこり,
あくまでに,[寛]あくまてに,
ひとのみるこを[寛],
われしともしも[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴宿奈麻呂

タイトルとURLをコピーしました