万葉集650番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集650番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集650番について

歌番号

650番

原文

吾妹兒者|常世國尓|住家<良>思|昔見従|變若益尓家利

訓読

我妹子は常世の国に住みけらし昔見しより変若ましにけり

かな読み

わぎもこは|とこよのくにに|すみけらし|むかしみしより|をちましにけり

カタカナ読み

ワギモコハ|トコヨノクニニ|スミケラシ|ムカシミシヨリ|ヲチマシニケリ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOHA|TOKOYONOKUNINI|SUMIKERASHI|MUKASHIMISHIYORI|OCHIMASHINIKERI

ローマ字読み|小文字

wagimokoha|tokoyonokunini|sumikerashi|mukashimishiyori|ochimashinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋愛

校異

歌【西】謌【西(訂正復旧)】歌|郎->良【元】【金】【紀】

寛永版本

わぎもこは,[寛]わきもこは,
とこよのくにに[寛],
すみけらし[寛],
むかしみしより[寛],
をちましにけり,[寛]わかへましにけり,

巻数

第4巻

作者

大伴三依

タイトルとURLをコピーしました