万葉集786番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集786番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集786番について

歌番号

786番

原文

春之雨者|弥布落尓|梅花|未咲久|伊等若美可聞

訓読

春の雨はいやしき降るに梅の花いまだ咲かなくいと若みかも

かな読み

はるのあめは|いやしきふるに|うめのはな|いまださかなく|いとわかみかも

カタカナ読み

ハルノアメハ|イヤシキフルニ|ウメノハナ|イマダサカナク|イトワカミカモ

ローマ字読み|大文字

HARUNOAMEHA|IYASHIKIFURUNI|UMENOHANA|IMADASAKANAKU|ITOWAKAMIKAMO

ローマ字読み|小文字

harunoameha|iyashikifuruni|umenohana|imadasakanaku|itowakamikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|藤原久須麻呂|比喩|求婚|植物|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

はるのあめは[寛],
いやしきふるに[寛],
うめのはな[寛],
いまださかなく,[寛]いまたさかなく,
いとわかみかも[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました