万葉集572番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集572番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集572番について

歌番号

572番

原文

真十鏡|見不飽君尓|所贈哉|旦夕尓|左備乍将居

訓読

まそ鏡見飽かぬ君に後れてや朝夕にさびつつ居らむ

かな読み

まそかがみ|みあかぬきみに|おくれてや|あしたゆふへに|さびつつをらむ

カタカナ読み

マソカガミ|ミアカヌキミニ|オクレテヤ|アシタユフヘニ|サビツツヲラム

ローマ字読み|大文字

MASOKAGAMI|MIAKANUKIMINI|OKURETEYA|ASHITAYUFUHENI|SABITSUTSUORAMU

ローマ字読み|小文字

masokagami|miakanukimini|okureteya|ashitayufuheni|sabitsutsuoramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴旅人|恋情|送別|枕詞|福岡|地名

校異

太->大【桂】【元】【類】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

まそかがみ,[寛]まそかかみ,
みあかぬきみに[寛],
おくれてや[寛],
あしたゆふへに[寛],
さびつつをらむ,[寛]さひつつをらむ,

巻数

第4巻

作者

沙弥満誓

タイトルとURLをコピーしました