万葉集502番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集502番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集502番について

歌番号

502番

原文

夏野去|小<壮>鹿之角乃|束間毛|妹之心乎|忘而念哉

訓読

夏野行く牡鹿の角の束の間も妹が心を忘れて思へや

かな読み

なつのゆく|をしかのつのの|つかのまも|いもがこころを|わすれておもへや

カタカナ読み

ナツノユク|ヲシカノツノノ|ツカノマモ|イモガココロヲ|ワスレテオモヘヤ

ローマ字読み|大文字

NATSUNOYUKU|OSHIKANOTSUNONO|TSUKANOMAMO|IMOGAKOKORO|WASURETEOMOHEYA

ローマ字読み|小文字

natsunoyuku|oshikanotsunono|tsukanomamo|imogakokoro|wasureteomoheya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|動物|序詞

校異

牡->壯【金】【紀】

寛永版本

なつのゆく[寛],
をしかのつのの[寛],
つかのまも[寛],
いもがこころを,[寛]いもかこころを,
わすれておもへや[寛],

巻数

第4巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました