万葉集623番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集623番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集623番について

歌番号

623番

原文

松之葉尓|月者由移去|黄葉乃|過哉君之|不相夜多焉

訓読

松の葉に月はゆつりぬ黄葉の過ぐれや君が逢はぬ夜ぞ多き

かな読み

まつのはに|つきはゆつりぬ|もみちばの|すぐれやきみが|あはぬよぞおほき

カタカナ読み

マツノハニ|ツキハユツリヌ|モミチバノ|スグレヤキミガ|アハヌヨゾオホキ

ローマ字読み|大文字

MATSUNOHANI|TSUKIHAYUTSURINU|MOMICHIBANO|SUGUREYAKIMIGA|AHANUYOZOHOKI

ローマ字読み|小文字

matsunohani|tsukihayutsurinu|momichibano|sugureyakimiga|ahanuyozohoki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|伝誦|転用|怨恨|宴席|枕詞|植物|誦詠

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

まつのはに[寛],
つきはゆつりぬ[寛],
もみちばの,[寛]もみちはの,
すぐれやきみが,[寛]すきぬやきみか,
あはぬよぞおほき,[寛]あはぬよおほく,

巻数

第4巻

作者

池邊王

タイトルとURLをコピーしました