万葉集513番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集513番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集513番について

歌番号

513番

原文

大原之|此市柴乃|何時鹿跡|吾念妹尓|今夜相有香裳

訓読

大原のこのいち柴のいつしかと我が思ふ妹に今夜逢へるかも

かな読み

おほはらの|このいちしばの|いつしかと|あがおもふいもに|こよひあへるかも

カタカナ読み

オホハラノ|コノイチシバノ|イツシカト|アガオモフイモニ|コヨヒアヘルカモ

ローマ字読み|大文字

OHOHARANO|KONOICHISHIBANO|ITSUSHIKATO|AGAOMOFUIMONI|KOYOHIAHERUKAMO

ローマ字読み|小文字

ohoharano|konoichishibano|itsushikato|agaomofuimoni|koyohiaherukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|逢会|植物|序詞

校異

特に無し

寛永版本

おほはらの[寛],
このいちしばの,[寛]このいつしはの,
いつしかと[寛],
あがおもふいもに,[寛]わかおもふいもに,
こよひあへるかも[寛],

巻数

第4巻

作者

志貴皇子

タイトルとURLをコピーしました