万葉集666番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集666番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集666番について

歌番号

666番

原文

不相見者|幾久毛|不有國|幾許吾者|戀乍裳荒鹿

訓読

相見ぬは幾久さにもあらなくにここだく我れは恋ひつつもあるか

かな読み

あひみぬは|いくひささにも|あらなくに|ここだくあれは|こひつつもあるか

カタカナ読み

アヒミヌハ|イクヒササニモ|アラナクニ|ココダクアレハ|コヒツツモアルカ

ローマ字読み|大文字

AHIMINUHA|IKUHISASANIMO|ARANAKUNI|KOKODAKUAREHA|KOHITSUTSUMOARUKA

ローマ字読み|小文字

ahiminuha|ikuhisasanimo|aranakuni|kokodakuareha|kohitsutsumoaruka

左注|左註

右大伴坂上郎女之母石川内命婦与安<陪>朝臣蟲満之母安曇外命婦同居姉妹|同氣之親焉|縁此郎女蟲満相見不踈相談既密|聊作戯歌以為問答也

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あひみぬは,[寛]あひみては,
いくひささにも,[寛]いくひさしさも,
あらなくに[寛],
ここだくあれは,[寛]ここはくわれは,
こひつつもあるか[寛],

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました