万葉集542番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集542番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集542番について

歌番号

542番

原文

常不止|通之君我|使不来|今者不相跡|絶多比奴良思

訓読

常やまず通ひし君が使ひ来ず今は逢はじとたゆたひぬらし

かな読み

つねやまず|かよひしきみが|つかひこず|いまはあはじと|たゆたひぬらし

カタカナ読み

ツネヤマズ|カヨヒシキミガ|ツカヒコズ|イマハアハジト|タユタヒヌラシ

ローマ字読み|大文字

TSUNEYAMAZU|KAYOHISHIKIMIGA|TSUKAHIKOZU|IMAHAAHAJITO|TAYUTAHINURASHI

ローマ字読み|小文字

tsuneyamazu|kayohishikimiga|tsukahikozu|imahaahajito|tayutahinurashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|今城王|贈答

校異

特に無し

寛永版本

つねやまず,[寛]とことはに,
かよひしきみが,[寛]かよひしきみか,
つかひこず,[寛]つかひこす,
いまはあはじと,[寛]いまはあはしと,
たゆたひぬらし[寛],

巻数

第4巻

作者

高田女王

タイトルとURLをコピーしました