万葉集645番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集645番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集645番について

歌番号

645番

原文

白<細乃>|袖可別|日乎近見|心尓咽飯|哭耳四所泣

訓読

白栲の袖別るべき日を近み心にむせひ音のみし泣かゆ

かな読み

しろたへの|そでわかるべき|ひをちかみ|こころにむせひ|ねのみしなかゆ

カタカナ読み

シロタヘノ|ソデワカルベキ|ヒヲチカミ|ココロニムセヒ|ネノミシナカユ

ローマ字読み|大文字

SHIROTAHENO|SODEWAKARUBEKI|HIOCHIKAMI|KOKORONIMUSEHI|NENOMISHINAKAYU

ローマ字読み|小文字

shirotaheno|sodewakarubeki|hiochikami|kokoronimusehi|nenomishinakayu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|離別|枕詞

校異

妙之->細乃【元】【金】【紀】

寛永版本

しろたへの[寛],
そでわかるべき,[寛]そてわかるへき,
ひをちかみ[寛],
こころにむせひ[寛],
ねのみしなかゆ,[寛]ねのみしなかる,

巻数

第4巻

作者

紀郎女

タイトルとURLをコピーしました