万葉集627番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集627番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集627番について

歌番号

627番

原文

吾手本|将巻跡念牟|大夫者|<變>水<f>|白髪生二有

訓読

我がたもとまかむと思はむ大夫は変若水求め白髪生ひにけり

かな読み

わがたもと|まかむとおもはむ|ますらをは|をちみづもとめ|しらかおひにけり

カタカナ読み

ワガタモト|マカムトオモハム|マスラヲハ|ヲチミヅモトメ|シラカオヒニケリ

ローマ字読み|大文字

WAGATAMOTO|MAKAMUTOMOHAMU|MASURAOHA|OCHIMIZUMOTOME|SHIRAKAOHINIKERI

ローマ字読み|小文字

wagatamoto|makamutomohamu|masuraoha|ochimizumotome|shirakaohinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|佐伯赤麻呂|諧謔|贈答|戯笑

校異

戀->變【元】|定->f【岩波大系】

寛永版本

わがたもと,[寛]わかたもと,
まかむとおもはむ[寛],
ますらをは[寛],
をちみづもとめ,[寛]なみたにしつみ,
しらかおひにけり,[寛]しらかおひにたり,

巻数

第4巻

作者

娘子

タイトルとURLをコピーしました