万葉集696番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集696番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集696番について

歌番号

696番

原文

家人尓|戀過目八方|川津鳴|泉之里尓|年之歴去者

訓読

家人に恋過ぎめやもかはづ鳴く泉の里に年の経ぬれば

かな読み

いへびとに|こひすぎめやも|かはづなく|いづみのさとに|としのへぬれば

カタカナ読み

イヘビトニ|コヒスギメヤモ|カハヅナク|イヅミノサトニ|トシノヘヌレバ

ローマ字読み|大文字

IHEBITONI|KOHISUGIMEYAMO|KAHAZUNAKU|IZUMINOSATONI|TOSHINOHENUREBA

ローマ字読み|小文字

ihebitoni|kohisugimeyamo|kahazunaku|izuminosatoni|toshinohenureba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|京都|地名|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->姓【西(右書)】【紀】【古】

寛永版本

いへびとに,[寛]いへひとに,
こひすぎめやも,[寛]こひすきめやも,
かはづなく,[寛]かはつなく,
いづみのさとに,[寛]いつみのさとに,
としのへぬれば,[寛]としのへゆけは,

巻数

第4巻

作者

石川廣成

タイトルとURLをコピーしました