万葉集643番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集643番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集643番について

歌番号

643番

原文

世間之|女尓思有者|吾渡|痛背乃河乎|渡金目八

訓読

世の中の女にしあらば我が渡る痛背の川を渡りかねめや

かな読み

よのなかの|をみなにしあらば|わがわたる|あなせのかはを|わたりかねめや

カタカナ読み

ヨノナカノ|ヲミナニシアラバ|ワガワタル|アナセノカハヲ|ワタリカネメヤ

ローマ字読み|大文字

YONONAKANO|OMINANISHIARABA|WAGAWATARU|ANASENOKAHAO|WATARIKANEMEYA

ローマ字読み|小文字

yononakano|ominanishiaraba|wagawataru|anasenokahao|watarikanemeya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|河渡り|怨恨

校異

歌【西】謌

寛永版本

よのなかの[寛],
をみなにしあらば,[寛]をとめにしあらは,
わがわたる,[寛]わかわたる,
あなせのかはを[寛],
わたりかねめや[寛],

巻数

第4巻

作者

紀郎女

タイトルとURLをコピーしました