万葉集703番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集703番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集703番について

歌番号

703番

原文

吾背子乎|相見之其日|至于今日|吾衣手者|乾時毛奈志

訓読

我が背子を相見しその日今日までに我が衣手は干る時もなし

かな読み

わがせこを|あひみしそのひ|けふまでに|わがころもでは|ふるときもなし

カタカナ読み

ワガセコヲ|アヒミシソノヒ|ケフマデニ|ワガコロモデハ|フルトキモナシ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKO|AHIMISHISONOHI|KEFUMADENI|WAGAKOROMODEHA|FURUTOKIMONASHI

ローマ字読み|小文字

wagaseko|ahimishisonohi|kefumadeni|wagakoromodeha|furutokimonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|涙

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

わがせこを,[寛]わかせこを,
あひみしそのひ[寛],
けふまでに,[寛]けふまてに,
わがころもでは,[寛]わかころもては,
ふるときもなし,[寛]ひるときもなし,

巻数

第4巻

作者

巫部麻蘇娘子

タイトルとURLをコピーしました