万葉集738番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集738番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集738番について

歌番号

738番

原文

世間之|苦物尓|有家良<之>|戀尓不勝而|可死念者

訓読

世の中の苦しきものにありけらし恋にあへずて死ぬべき思へば

かな読み

よのなかの|くるしきものに|ありけらし|こひにあへずて|しぬべきおもへば

カタカナ読み

ヨノナカノ|クルシキモノニ|アリケラシ|コヒニアヘズテ|シヌベキオモヘバ

ローマ字読み|大文字

YONONAKANO|KURUSHIKIMONONI|ARIKERASHI|KOHINIAHEZUTE|SHINUBEKIOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

yononakano|kurushikimononi|arikerashi|kohiniahezute|shinubekiomoheba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|贈答

校異

久->之【元】

寛永版本

よのなかの[寛],
くるしきものに[寛],
ありけらし,[寛]ありけらく,
こひにあへずて,[寛]こひにたへすて,
しぬべきおもへば,[寛]しぬへくおもへは,

巻数

第4巻

作者

坂上大嬢

タイトルとURLをコピーしました