万葉集488番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集488番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集488番について

歌番号

488番

原文

君待登|吾戀居者|我屋戸之|簾動之|秋風吹

訓読

君待つと我が恋ひ居れば我が宿の簾動かし秋の風吹く

かな読み

きみまつと|あがこひをれば|わがやどの|すだれうごかし|あきのかぜふく

カタカナ読み

キミマツト|アガコヒヲレバ|ワガヤドノ|スダレウゴカシ|アキノカゼフク

ローマ字読み|大文字

KIMIMATSUTO|AGAKOHIOREBA|WAGAYADONO|SUDAREUGOKASHI|AKINOKAZEFUKU

ローマ字読み|小文字

kimimatsuto|agakohioreba|wagayadono|sudareugokashi|akinokazefuku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|天智|恋情|待攦|漢詩

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

きみまつと[寛],
あがこひをれば,[寛]わかこひをれは,
わがやどの,[寛]わかやとの,
すだれうごかし,[寛]すたれうこかし,
あきのかぜふく,[寛]あきのかせふく,

巻数

第4巻

作者

額田王

タイトルとURLをコピーしました