万葉集702番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集702番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集702番について

歌番号

702番

原文

夜干玉之|其夜乃月夜|至于今日|吾者不忘|無間苦思念者

訓読

ぬばたまのその夜の月夜今日までに我れは忘れず間なくし思へば

かな読み

ぬばたまの|そのよのつくよ|けふまでに|われはわすれず|まなくしおもへば

カタカナ読み

ヌバタマノ|ソノヨノツクヨ|ケフマデニ|ワレハワスレズ|マナクシオモヘバ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|SONOYONOTSUKUYO|KEFUMADENI|WAREHAWASUREZU|MANAKUSHIOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

nubatamano|sonoyonotsukuyo|kefumadeni|warehawasurezu|manakushiomoheba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
そのよのつくよ,[寛]そのよのつきよ,
けふまでに,[寛]けふまてに,
われはわすれず,[寛]われはわすれす,
まなくしおもへば,[寛]まなくしおもへは,

巻数

第4巻

作者

河内百枝娘子

タイトルとURLをコピーしました