万葉集734番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集734番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集734番について

歌番号

734番

原文

吾念|如此而不有者|玉二毛我|真毛妹之|手二所纒<乎>

訓読

我が思ひかくてあらずは玉にもがまことも妹が手に巻かれなむ

かな読み

わがおもひ|かくてあらずは|たまにもが|まこともいもが|てにまかれなむ

カタカナ読み

ワガオモヒ|カクテアラズハ|タマニモガ|マコトモイモガ|テニマカレナム

ローマ字読み|大文字

WAGAOMOHI|KAKUTEARAZUHA|TAMANIMOGA|MAKOTOMOIMOGA|TENIMAKARENAMU

ローマ字読み|小文字

wagaomohi|kakutearazuha|tamanimoga|makotomoimoga|tenimakarenamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|贈答

校異

牟->乎【元】【類】【紀】

寛永版本

わがおもひ,[寛]わかおもひ,
かくてあらずは,[寛]かくしてあらすは,
たまにもが,[寛]たまにもか,
まこともいもが,[寛]まこともいもか,
てにまかれなむ[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました