万葉集698番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集698番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集698番について

歌番号

698番

原文

春日野尓|朝居雲之|敷布二|吾者戀益|月二日二異二

訓読

春日野に朝居る雲のしくしくに我れは恋ひ増す月に日に異に

かな読み

かすがのに|あさゐるくもの|しくしくに|あれはこひます|つきにひにけに

カタカナ読み

カスガノニ|アサヰルクモノ|シクシクニ|アレハコヒマス|ツキニヒニケニ

ローマ字読み|大文字

KASUGANONI|ASAIRUKUMONO|SHIKUSHIKUNI|AREHAKOHIMASU|TSUKINIHINIKENI

ローマ字読み|小文字

kasuganoni|asairukumono|shikushikuni|arehakohimasu|tsukinihinikeni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|奈良|地名|序詞

校異

特に無し

寛永版本

かすがのに,[寛]かすかのに,
あさゐるくもの[寛],
しくしくに[寛],
あれはこひます,[寛]われはこひます,
つきにひにけに[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴像見

タイトルとURLをコピーしました